産後 腱鞘炎

産後の手首の痛み これって腱鞘炎?

 

産後は赤ちゃんのお世話などで生活スタイルも変わりますし、産後の体の変化も大きいため、トラブルが起こりやすい時期です。

 

腰痛や肩の痛みなど、様々ですが、特に多いのが手首の痛みです。
「手首が腱鞘炎になった!!」と耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

 

私も産後に腱鞘炎になったひとりです。
子どもを抱っこするのさえ、手首にズキッと鋭い痛みが走り、思わず顔をゆがめてしまうほどの痛みです。

 

腱鞘炎を放っておくと、症状が悪化し、手が付けられないほどの痛みが続きます。

 

腱鞘炎かな?と思ったときには、早めの対処をするべきです。

 

実際に私が腱鞘炎になったときに行った対処法などをご紹介しますね。

 

 

 

腱鞘炎って何?

 

 

腱って何?と思ったことありますか?

 

筋肉には腱(けん)というすじが付いており、骨にくっついています。
このすじが腱です。

 

アキレス腱といえば、イメージがつくでしょうか。

 

 

腱には腱鞘という、腱のカバーがついています。
分かりやすく例えるならば、刀が腱、刀を納める鞘(さや)が腱鞘です。

 

腱は腱鞘に守られている状態です。

 

重いものを持つ作業を繰り返しする職業や、長時間パソコンをする人、子育て中の人など、手首をよく使う人に起こりやすいです。

 

手首をたくさん動かすと、腱と腱鞘が擦れ、腱鞘が炎症を起こし、症状が出るのです。

 

 

産後のママ、特に初めての子育てをするママに多く見られます。

 

その理由はいくつかあります。

 

赤ちゃんを1日に何度も抱きかかえたりするため

 

初めての赤ちゃんなので、抱っこの仕方がぎこちなく、余計なところに力が入り、より手首に負担がかかるため

 

産後は筋力が落ちていることが多いため

 

 

新生児の時期は約3キロ。
半年後は5〜7キロの赤ちゃんを毎日抱っこするのですから、手首に負担がかかりますよね。

 

片手で赤ちゃんを抱っこし、逆の手で荷物を持ったりすれば、さらに手首への負担は大きくなります。

 

 

腱鞘炎はどこが痛くなるの?

 

育児中の女性が腱鞘炎になりやすい部分は、親指側の手首です。
手首が動くところの親指側の方ですね。

 

上から押さえると痛みが走ったり、痛みがある部分が炎症で腫れてきたりします。

 

症状がひどくなると、少し手首を動かしただけで痛みが走ることがあります。

 

 

腱鞘炎になったらどうしたらいい?

 

 

私も実際に産後5ヶ月ほどから、腱鞘炎になりました。

 

かなり痛くなり、親指を動かしただけでズキッと痛みが走っていました。

 

どうすればいいのか…
とネットで検索したら、大体こんなことが書いてありました。

 

必要なとき以外は、手首を使わないようにする

 

極力、抱っこを控える

 

と書いてありましたが、日中は私と子どものふたりですし、
この頃は抱っこをせがむので、痛くても抱っこしないといけない状況でした。

 

 

抱っこをするときに、なるべく手首を使わないでいいように、
自宅ではスリングを使うようにしました。

 

スリングに赤ちゃんを入れるときは抱えなければいけませんが、
入れてしまえば後はそっと手を添えておくだけなので
手首への負担は激減しました。

 

 

他には、近くの整骨院で治療をしてもらいました。

 

さすがに腱鞘炎で患部が腫れているときは、安静のため包帯で固定し動かさないようにされましたが、
腕のいい先生だったため、約3週間ほどで痛みも落ち着きました。

 

近くに整骨院がなければ、整形外科で治療してもらうのもいいと思いますよ。

 

 

 

産後の腱鞘炎を予防するためには?

 

 

あの鋭いズキッとするような腱鞘炎には、もうなりたくない!!!

 

整骨院の先生に、もう二度と腱鞘炎にならないようにするためにはどうすべきなのか聞いてみました。

 

 

手首のストレッチを頻繁にする

 

赤ちゃんを抱っこする前、抱っこしたあとなど手首を良く使った際に、手首のストレッチをすることが大事だそうです。

 

手首を使いすぎると、手首の周りの筋肉が硬くなるため、腱鞘炎になりやすくなります。
硬くなるのを防ぐために、ストレッチはかかさないように!

 

 

腕の筋肉をマッサージする

 

手首を動かす筋肉は、腕の筋肉と繋がっています。
抱っこしたあとなどは、腕がパンパンになっているので、揉みほぐしましょう。

 

自分で揉むのが面倒だったり、つらいときには、旦那さんにマッサージしてもらうといいですよ!

 

 

片手で子どもを抱っこしない

 

首が座った赤ちゃんは特に、片手で抱っこして移動するママがとても多いです。

 

片手に赤ちゃん、片手で物を持ったり、作業をしたりしてしまいがちですが、
赤ちゃんを落とさないようにと、無理な体勢で抱っこしてしまうため、余計に手首に負担がかかりやすくなります。

 

子育て中のママは特に注意してください。

 

 

腱鞘炎になると、子どもを抱っこするにも億劫になり、痛みも長引きやすいです。
抱っこしたくても、痛みで抱っこできなくなるときもあります。

 

腱鞘炎にならないように予防することも大事ですよ。
すでに痛みがあるママは、痛みがこれ以上酷くならないように、
整骨院や整形外科など、専門家に相談してみてくださいね。

 

 

【よく読まれている記事】

 

産後の体力回復を早める食事って?

 

産後の疲れが取れない…いつまで続くの?

 

出産後、風邪を引きやすいのはなぜ?

 

 


産後の体がたった3日で元気になった!とっておきの方法