産後 カンジダ

産後はカンジダ膣炎に要注意!

 

膣内には、常に細菌がいます。


 

 

この細菌は悪いものではなく、外から入ってきた菌などを

退治したりする、体の中に常にいる常在菌のひとつです。


 

 

 

 

カンジダ膣炎とは、この常在菌が、なんらかの理由で異常に増殖してしまい、

膣が炎症を起こしてしまう状態のこと
を言います。


 

 

 

 

カンジダ膣炎の症状とは?

 

 

 

カンジダ膣炎になると、さまざまな症状が起こります。


 

 

 

デリケートゾーンがすごく痒く、かゆくてたまらない

 

大量のおりものが出る

 

カッテージチーズのような白く濁ったおりものが特徴

 

 

 

これが主な症状になります。


 

 

 

これを放っておくと、治るまで時間がかかったり、

慢性化しまた再発する恐れもあります。


 

 

ひどくなると、下着が擦れただけで痛みを感じたり、

肛門の周りまで炎症がおき、真っ赤になったりします。


 

 

 

 

カンジダ膣炎は産後のママの体を脅かす

 

 

産後のママは特に、カンジダ膣炎になることが多くなります。


 

 

 

産後はホルモンバランスが整わず、体の状態が不安定です。


 

 

 

 

さらに昼夜問わず授乳をしたり、赤ちゃんのお世話で寝不足だったり、

疲労が溜まり体の免疫力が低下している状態です。



 

 

通常、カンジダのような常在菌は、自分の免疫力で増殖を抑え、

膣内を良いバランスに保っています。


 

 

しかし、産後のママのように、寝不足で疲労が溜まり

体力も免疫力も低下している状態だと、増殖を抑えきれなくなり

カンジダ膣炎を発症してしまうのです。


 

 

 

 

「もしかしたらカンジダかも?」

 

 

そう思ったら、どうすべきなのでしょうか?


 

 

 

 

カンジダ膣炎の治療は、即病院へ!

 

 

「カンジダ膣炎 治療法」 とネットで検索をすると、

 

 

 

市販薬で治す

 

自然治癒のコツ

 

など、様々なことが書いてあります。


 

 

 

病院へ行こうかな?と思ったけど、

赤ちゃんも居るし病院へ行くのも面倒だから、自分で治そうかな?

思ってしまいがちですよね。


 

 

 

 

しかし自分で治そうとすると、カンジダ膣炎を悪化させてしまうことが多々あります。


 

 

 

 

私も実際に、産後カンジダ膣炎になりました。


 

 

 

症状は、どうしようもないくらいの強いかゆみが

デリケートゾーンにあるということぐらいでした。


 

 

おりものについては、さほど多くはありませんでした。


 

なので、カンジダじゃないかも…。

と思いましたが、あまりの痒さに耐えられず、

産婦人科を受診しました。


 

 

 

 

カンジダの検査をし、先生に言われたことは

 

 

「カンジダ膣炎です。
 数値がかなり高いですね…」

 

 

と驚いた顔で言われました。


 

 

 

 

正直、そんなにひどいとは思っておらず、

 

もっと言えばおりものもそんなに出ていないから、

カンジダじゃないかも…なんて思っていました。


 

 

 

「素人の自己判断は全く当てにならない」

 

勝手な判断をせず、産婦人科を受診して正解でした。


 

 

 

 

それから3日に1回、計3回膣内洗浄と

膣内に薬を入れてもらう治療をしてもらい、

自宅では膣に塗る軟膏をもらいました。


 

3回目に行ったときには、すでに症状はまったくありませんでした。


 

 

 

もしかしたらカンジダかも?

 

 

でも、自分で治せるかも!

 

 

 

その憶測、正しいですか?


 

 

 

 

もしかしたら、カンジダとは違う病気かもしれない。

 

 

カンジダだけれども、状態がひどいかもしれない。


 

 

 

「かもしれない」だけの判断で、自分で治そうとすると

症状が長引き、再発する恐れもあります。


 

 

 

 

かもしれないを打ち消すためには、

 

専門家(産婦人科)の先生に診てもらうことです。


 

 

 

専門家に見てもらえば100パーセント分かり、

適切な処置・治療をしてくれます。


 

 

 

 

自己判断せずに、必ず病院を受診しましょう。


 

 

 

 

赤ちゃんは身内の方に預けれる状況であれば、

預けて受診してみてはどうでしょうか?


 

 

なかなか赤ちゃんを預ける先がない。というママもいるでしょう。


 

 

私もそのひとりでした。

 

なので、赤ちゃんを小脇に抱え産婦人科を受診しました。


 

 

 

内診台には赤ちゃんを抱っこして座り、

内診してもらいましたよ。


 

 

赤ちゃんが泣かないのであれば、

看護師さんや助産師さんが抱っこしてくれることもあります。


 

 

 

 

子連れで受診はちょっと…

 

と思うかもしれませんが、案外なんとかなります!


 

 

症状を悪化させる前に病院受診を強くおすすめしますよ。


 

 

 

 

カンジダ膣炎を再発しないためには

 

 

授乳中・育児中は、日中も夜も赤ちゃんのお世話で、

体も心も疲れやすい時期です。



 

疲れが溜まり、免疫力が落ちるため、

授乳中は風邪をひきやすかったりします。


 

 

 

カンジダ膣炎の再発を防ぐためには、

【免疫力を高める】必要があります。


 

 

 

授乳中でも免疫力を高める方法を3つご紹介しますね。


 

 

 

睡眠不足を解消する

 

睡眠不足は健康の敵です!!


 

 

とはいえ、夜間授乳があったりすると

睡眠不足にならざるおえないですよね。


 

 

 

睡眠不足を解消するために、赤ちゃんと一緒にお昼寝をしたり、

パートナーがお休みの時にはゆっくり横になって眠るなど、

睡眠不足を解消するように努めましょう。



 

家事もやらなきゃいけないし、体力も続かない…。

 

そんなときは、産後の体力回復を促すサプリを利用してみるという手もあります。


 

 

 

 

免疫力を上げる食べ物を摂る

 

体は毎日口にする食べ物から出来ています。

 

 

免疫力を上げるためには、少なからず食べ物に気をつける必要があります。


 

 

免疫力を上げると言われる食べ物を5つご紹介しますね。


 

 

 

ヨーグルト

乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし、免疫力を高めます。


 

乳酸菌はある程度の時間が経つと、

体外に排出されてしまうため、毎日食べるとより効果的です。


 

 

 

納豆

こちらもヨーグルトに続き発酵食品です。


 

納豆も腸内の善玉菌を増やし、

免疫力を高める効果があります。


 

 

納豆は大豆から出来ているので、ビタミン・カルシウム・

イソフラボン・たんぱく質などの栄養が豊富です。


 

 

 

ショウガ

ショウガは体を温める効果があると有名ですが、

実は免疫力を高める効果も期待できます。


 

体温が1度上がると、免疫力が5〜6倍も上がる

と言われているのです。


 

 

はちみつとショウガをお湯に溶かして飲んでもいいですし、

お味噌汁に混ぜてもいいですよね。


 

 

 

鶏肉(むね肉)

鶏むね肉にはイミダペプチドというたんぱく質が含まれています。


 

このたんぱく質には、疲労回復・筋肉疲労を防ぐ効果があり

、免疫力を高める効果が期待できます。


 

 

 

大根

大根って以外ですが、実は免疫力を高めてくれます。


 

大根の根にはジアスターゼという消化酵素が含まれているため、

胃や腸の消化を助けたり、腸内を整える効果があります。


 

納豆やヨーグルトのように、腸内環境を整えることで

免疫力をアップしてくれるのです。


 

 

大根はいろんな食べ方がありますが、

一番効果的なのは「大根のすりおろし」です。


 

 

 

 

甘いものを控える

 

カンジダ菌は甘いものが好きだと言われているようです。


 

甘いものを取り過ぎると、増殖しやすいということです。


 

 

完全に甘いものを止める必要はありませんが、

毎日食べていたものを1週間に1度などに減らすといいでしょう。


 

 

 

 

 

産後は体のトラブルが起きやすいです。

 

 

 

自分で症状を判断せず、酷くなる前に病院を受診しましょうね。


 

 

 

わたしは夜間授乳などで常に寝不足だったので、

常に体が疲れていました…。

 


免疫力も体力も出産前と比べると

ガクーーンと落ちていたと思います。


 

やっぱりそんなときはカンジダになりやすかったり

風邪を惹きやすかったりしますよね…。


もう2度とカンジダになりたくなかったので、

体力を回復させ免疫力を高めるある方法を行ないました^^



おかげでカンジダも再発せず元気に育児できています!


よければチェックしてくださいね^^

 

 

 


産後の体力を回復させ、カンジダに負けない免疫力をつける最適な方法とは