産後 耳鳴り

産後の耳鳴り 原因は?

耳が聞こえにくい


 

耳が詰まるような閉塞感がある


 

ゴーゴーと頭の中でうるさく、頭痛がする


 

耳鳴りがする


 

 

 

このように、出産後に耳鳴りで悩む女性は多いのです。

 

なぜ出産後に、このような症状が出ることがあるのでしょうか?


 

 

出産後は特に女性ホルモンのバランスが著しく乱れ、

このホルモンバランスの乱れが原因で症状が表れることが多いです。


 

出産後しばらくして、ホルモンバランスが落ち着くと共に、

耳鳴りの症状も落ち着くことが多いのです。

 

 

 

原因はホルモンバランスのほかに、ストレスが挙げられます。

 

 

昼夜を問わず泣く子どもをあやすために

睡眠不足になったり、慣れない育児、産後の体の悩みなど、

産後のママはストレスの元になるものが多くあります。

 

 

 

ストレスは体に悪影響を及ぼすため、

耳鳴りの症状を引き起こす原因となります。


 

 

耳鳴りから頭痛を引き起こし、

症状がさらに悪化することもあります。

 

早い段階で対処することが悪化を防ぐコツになるでしょう。

 

 

 

 

また、東洋医学の考えでは、

出産により子宮と深い関連がある腎臓が疲れ、

腎臓と関連がある耳にまで疲れが広がったため、

耳鳴りが起こるという考えもあります。


 

簡単にまとめると「子宮→腎臓→耳」

この流れで疲れが広がるというわけです。

 

 

 

出産は子宮だけでなく、他のあらゆる臓器にも負担が来るのです。

 

 

出産に使うパワー、エネルギーが膨大であるということが

これに表れていますね。

 

 

 

産後の耳鳴りを治すには

 

 

出産という大仕事を終えた女性の体は、

交通事故に遭ったときと同じくらいのダメージを体に負っていると言われています。

 

 

まずは体をしっかり休めることが一番の治療です。

 

 

 

寝れるときはしっかり睡眠を取り、

栄養のあるものをしっかり食べ、

体を回復させることが大事です。


 

 

家事は手抜き出来る時は手を抜き、

パートナーや他の家族にやってもらうと良いでしょう。

 

 

 

 

体を休めたり、ストレスの原因を取り除いても、

耳鳴りの症状に改善が見られない場合は、

耳鼻科の医師に相談してみましょう。

 

 

授乳中に飲める薬を処方してもらえたり、

耳の詰まりを取り除く治療などをしてくれます。

 

 

症状が落ち着けば、必ず体は楽になるので、

面倒と思わずに耳鼻科に足を運びましょう。

 

 

稀に耳鳴りの原因がメニエール病なこともあります。

 

これは疲れやストレスが原因ではなく、

耳の中の器官の障害です。

 

この場合、耳鼻科での適切な治療が必要になります。



 

 

 

 

産後は体も心も大変な時期です。

 

体を休め、栄養があるものをしっかり食べ、

体を回復させていきましょう。

 

赤ちゃんのお世話でなかなか食事もままならない場合は、

サプリメントを取り入れてみるのもいいでしょう。


 

 

授乳中でも飲めるサプリメントであるかどうか、

しっかり見極める必要があります。

 

取り入れる際は十分に配慮してくださいね。



 

 

わたしも実際に産後耳鳴りの症状に悩みました…。


 

 

わたしの場合は病院に行っても治らず…。

 

途方にくれていましたが、
とある方法で産後の耳鳴りを解消することができました^^


 

よければ参考にしてみてくださいね♪

 


産後の耳鳴りを解消できた!とっておきの方法とは