産後 血圧高い

産後の高血圧は危険!

 

妊娠中はお腹の中で赤ちゃんを育てるために、

ママの体はいろんな変化が起こります。



 

その中に「高血圧」の症状が現れることもあります。


 

 

日本産科婦人科学会によると、
妊婦さんの20人に1人が高血圧になると言われているくらい、

妊娠中は高血圧になりやすいのです。


 

 

 

通常妊娠中の高血圧は、出産後に自然と正常の数値に戻ることが多いです。


 

 

 

しかし出産後12週間(約3ヶ月)を超えても、

高血圧が続く場合があります。


 

 

また、妊娠中は血圧の数値に問題はなかった女性でも、

出産後に高血圧になることもあります。


 

 

妊娠中に高血圧だったのかは関係なく、

産後に高血圧が長く続くことを産後高血圧と呼びます。


 

 

 

産後に高血圧が続くと、このような症状が現れます。

 

 

めまい
動悸
むくみ
手足のしびれ
耳鳴り
呼吸困難
など

 

 

このような症状が続くと、赤ちゃんのお世話どころではなくなってしまいます。

 

 

赤ちゃんもママも共倒れになってしまう恐れもあります。

 

 

 

産後の高血圧に悩んでいるあなたのために

高血圧の原因・改善方法についてまとめましたので、

お悩みの方は目を通してみてくださいね^^

 

 

 

 

 

産後の高血圧 原因は?

 

 

高血圧と聞くと、塩分の取り過ぎなどという印象がありますが、

産後高血圧は他に原因があることが多いです。

 

 

妊娠中の高血圧の回復が遅れている

 

通常、妊娠中高血圧は出産すると血圧が下がってくるのですが、

妊娠中高血圧の症状が重かった女性は、

産後もなかなか血圧を下げることが出来ず、高血圧の状態が続くことがあります。


 

 

妊娠中から血圧管理が大事だということが分かりますよね。

 

 

 

 

ストレス・疲労

 

出産後は赤ちゃんのお世話が忙しく、

睡眠不足や体の疲れが取れなかったりと、体に疲労が溜まりがちです。


 

 

また、赤ちゃん中心の生活になるので


 

 

・トイレに行きたいときに行けない

 

・食事をしたいときに出来ない


 

 

など、ちょっとしたストレスが積もりに積もってしまいます。

 

 

ストレスや疲労が蓄積されることで、自律神経が乱れ高血圧になることがあります。


 

 

 

 

本態性高血圧症

 

妊娠前、妊娠中は高血圧ではなかったものの、

元々体に高血圧になる要因があって、出産を機に高血圧になるケースがあります。


 

 

要因としては、長期に渡る暴飲暴食や偏食、

塩分アルコールの取りすぎ、肥満体質などが挙げられます。


 

 

 

 

二次性高血圧症

 

他の病気が原因で高血圧を引き起こしている場合があります。


 

 

この場合、原因である病気の治療をしない

と高血圧が改善されないため、医師の診察・治療を受ける必要があります。


 

 

 

主な病気は甲状腺機能の異常、副腎皮質ホルモン分泌異常、

腎臓の疾患などがあります。



 

特に甲状腺機能亢進症(バセドウ病)は女性に多く、

高血圧を引き起こす病気なので注意が必要です。


 

 

 

 

産後の高血圧の基準は?

 

 

高血圧とは、どのくらいの数値のことをさすのでしょうか?


 

 

最高血圧 140mmHg以上

 

最低血圧 90mmHg以上

 

最高血圧・最低血圧が上記の数値以上、

または両方の場合に高血圧と判断されます。


 

 

 

通常は血圧の数値が正常なのに、

病院で血圧を測ると高血圧の数値になることがあります。


 

 

これは緊張などにより、血圧が一時的に上がるもので

白衣高血圧・白衣現象と呼ばれています。


 

 

 

高血圧かな?と思ったときには

自宅でリラックスして血圧を測ると、正確な数値を知ることが出来ます。


 

 

自分の血圧がどのくらいなのか、しっかり把握しておく必要がありますね。


 

 

 

 

産後高血圧を改善するには?

 

 

二次性高血圧は、高血圧の元となっている病気の治療を行うことで、

高血圧を改善することが出来ます。


 

 

二次性高血圧以外の原因(ストレス・疲労、本態性高血圧など)

による高血圧の場合は、産後などに限らず、

一般の高血圧と同じように生活習慣を改善することで、

数値を正常に戻すことが出来ます。


 

 

 

疲労・ストレスによる高血圧の場合は、産後のママに特に多い原因です。


 

 

赤ちゃんのお世話も大事ですが、

体がつらいときにはしっかり休み、睡眠をしっかり取ることを心がけましょう。


 

 

またストレスを発散するために、

赤ちゃんを家族に預けてひとりで外出しリフレッシュするのもいいでしょう。


 

 

 

産後すぐなかなか外出できないママは、

ストレッチや深呼吸をしてリラックスすることを心がけてみましょう。


 

 

 

食事の面では、塩分を控えカリウムを多く摂ることが大事です。

 

 

カリウムには血圧を下げる効果があります。

海藻・果物・野菜などに多く含まれているので、積極的に食べましょう。


 

 

 

 

産後の高血圧は、時間と共に落ち着くことが多いですが、

産後の高血圧の症状がつらいときには、

必ずかかりつけの医師に相談してみましょうね。



実際にわたしも産後血圧が高くて悩みました。


私の場合は【疲労・ストレス】が原因の高血圧でした。


初めての出産でどうしても疲労・ストレスが溜まっていたようです。


体を早く回復させるためにある方法を行ない、

少しずつ体が回復するとすーーーっと血圧も落ち着いてきました^^


もしかしたらあなたにも効果があるかもしれません^^

よかったらチェックしてみてくださいね♪

 

 


産後の体を短期間で回復させた とっておきの方法