授乳中 生理 貧血

授乳中に生理が再開した!貧血がつらい…

 

母乳はママの血液から作られているのはご存知ですよね^^

 

血液の成分が母乳に含まれています。
その中にある鉄分ももちろん、母乳を通して赤ちゃんが吸収しています。

 

そのため、授乳中は貧血になりやすくなるのです。

 

 

授乳中に生理が再開すると、さらに貧血になる確率が高まります。

 

母乳を生産することで鉄分を失い、生理の出血により鉄分を失うからです。

 

普段の生理より、授乳中の生理のほうが体の負担は大きいのです。

 

 

 

なぜ貧血が起こる?

 

 

血液にはたくさんの成分が含まれています。

 

 

その中にヘモグロビンという成分があります。
ヘモグロビンは酸素と合体し、体中に酸素が行き渡るように運搬する働きがあります。

 

このヘモグロビンが酸素と合体するには、鉄分が必要なのです。

 

 

体の中に鉄分が減ると、ヘモグロビンが酸素と合体できずに、
体に酸素が十分に行き渡らずに酸欠状態になります。

 

この状態が【貧血】と呼ばれるものです。

 

 

貧血にも色々な種類があるのですが、
授乳中や生理によって鉄分が不足している状態の貧血を【鉄欠乏性貧血】と呼びます。

 

 

 

一般的な貧血の症状をこちらにまとめてみました。

 

 

貧血の症状まとめ

 

 

めまい
立ちくらみ
動悸・息切れ
耳鳴り
顔色が悪い
疲れやすい
だるい
頭痛がする

 

 

主にこのような症状を引き起こします。

 

 

育児疲れで体がつらいんだろう…。

 

と思っていたら、実は貧血だった!!ということも多々あります。

 

 

女性は男性に比べ、血液中の鉄分の含有量が少ないです。

 

それに加え、授乳や生理があるとさらに貧血の症状が出やすくなります。

 

 

疲れだけの原因と考えずに、上記の症状に当てはまるのであれば
貧血の疑いは十分にありますよ。

 

 

 

では、貧血を防ぐためにはどうすべきなのでしょうか?

 

 

貧血を改善する方法 

 

 

鉄分を体に補給すべし!

 

鉄分が不足している体には、鉄分を補う必要があります。

 

 

毎日の食事からコツコツ補うことが大切です。

 

鉄分を含む食材や、どのくらいの鉄分を摂取したらいいのか。
参考記事にまとめています。

 

参考記事:鉄分の働き・と鉄分を含む食事について

 

 

鉄剤で補う

 

食事ではなかなか改善が見られない場合は、かかりつけの医師に相談してみましょう。

 

鉄剤という薬で鉄分を補う方法もあります。
薬を飲み続けることで、体の中に鉄分が増え、鉄分を蓄えることも出来ます。

 

 

この鉄剤は、副作用を引き起こすこともあります。

 

 

便が黒くなる
胸焼け・吐き気がする
嘔吐
下痢

など…

 

私も鉄剤を服用したことがありましたが、
吐き気がひどく、服用を中止したことがあります。

 

体質によっては副作用が出ないこともあるので安心してください。

 

 

 

授乳中の生理を避けるためには

 

 

授乳中に生理を再開させないためには、授乳を1日5〜6回行うことが大事です。
授乳により、排卵を抑えるホルモンを分泌するので生理再開を遅らせることが出来ます。

 

1度生理が再開しても、授乳を続けていれば2回目の生理が半年後だったということもあります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

参考記事:産後の生理を遅らせる方法

 

もし貧血の症状が出たら、鉄分を補いつつ休息をしっかり取るように心がけましょうね。

 

 

 


産後の体力を短期間で回復させた、とっておきの方法