産後 体力低下

授乳中に生理痛の薬って飲んでいいの?

 

授乳中に生理が再開するママは多いです。



離乳食が再開したり、授乳間隔が長くなってくると

授乳中でも産後の生理は再開されることがあります。


 

生理痛が酷いママは、生理中寝込んでしまうほどお腹が痛くなったり、

腰が痛くなったりとつらいですよね…。



妊娠前は寝込んでもよかったでしょうが、

赤ちゃんが居れば寝込むわけにもいきません。



そんなときに頼りたくなるのが【薬】ですよね。


 

 

授乳中の薬は、母乳を通して赤ちゃんに影響を及ぼすこともありますが、

逆に授乳中に飲んでも赤ちゃんに影響の少ない薬もあります。


 

痛みでツライ…。

 

痛くて赤ちゃんのお世話が出来ない…。

 

そんなとき、頼れる【薬】の存在を知っておくのはいかがでしょうか?



 

授乳中にNGな鎮痛剤は?

 

 

生理痛を緩和させる鎮痛剤で有名なものは、

ロキソニンやイブなどの市販薬があります。

 

しかしこれは薬の効果が強く、授乳中に飲むことは出来ません。

 

市販の鎮痛剤の薬は、ほぼ授乳中NGとなっています。

 

では、どこで薬を手にすればいいのでしょうか?

 

 

 

授乳中に飲める生理痛に効く薬とは?

 

 

授乳中に飲める鎮痛剤は、出産した病院で薬を出してもらうことが一番です。



 

病院で処方されることが多い生理痛の薬はカロナールが多いです。


 

これは授乳中でも飲めるお薬です。

アセトアミノフェンという成分が入っています。


 

 

これは小児科でも用いられる鎮痛剤のお薬ですので、

もし出産した病院が遠いのであれば、

子どもが受診している小児科などを受診してみましょう。



なかなか病院に行けない…。


 

実は、市販薬でも授乳中に飲める薬があります!


それは【タイレノール】という薬です。



病院で処方されるカロナールと成分が同じなので

授乳中でも飲むことが可能です。

 

薬局に置いていないこともありますので、

購入されるときは一度薬局に電話してみるといいですね。


 

授乳中の薬の服用方法について

 

 

授乳中に飲んでもいい薬でも、

母乳に薬の成分が全く移行しないわけではありません。



薬の影響はありませんが、

やはり少しは母乳に成分が含まれてしまいます。


 

薬の成分を、極力母乳に含みたくありませんよね。


薬の服用時間を気をつけるだけで、

成分が母乳へ移行するのを抑えることが出来ます。



 

 

 

薬を服用するタイミングは、

赤ちゃんに授乳した直後に飲むことをオススメします。


そして、次の授乳までは3時間以上空けてください



体の中で薬の成分濃度が高くなるのが、服用後2時間前後なので

3時間以上あける必要があります。


 

 

これさえ守れば、赤ちゃんに罪悪感なく薬を服用することが出来ます。



 

薬を服用すると生理痛は治まりますが、

身体のダルさやきつさが残りませんか?(><;)




 

実際にわたしも授乳中のときに生理が始まったときには

身体のダルさやきつさで、家事もままなりませんでした…。



どんなに身体がきつくても、育児を投げ出すわけにはいきませんから

生理が終わるまでなかなか辛いものがありました…。



授乳で体力は使うし、夜は何度か授乳で起きるので

身体が悲鳴を上げるのは仕方の無いことですが、

子どものためには生理中でも元気でいたほうがいいですよね!!



生理中でも、体力を回復させて元気を取り戻す方法

こちらに詳しく書いていますので

よかったら参考にしてくださいね☆

↓ ↓ ↓

⇒授乳中の生理中でも元気に育児できる体力回復法とは?