産後 生理 いつから

産後の生理はいつから再開する?

 

産後の生理は、いつ来るんだろう…。
赤ちゃんのお世話をしながら、そう考えるママも多いのではないでしょうか?

 

次の子を早く授かりたいから、生理が来て欲しい!
と望むママもいれば、

 

煩わしいから遅く再開して欲しい!!
と思うママもいるでしょう。

 

 

産後の生理再開はいつごろなのか、まとめてみました。

 

 

産後の生理再開の平均は約半年

 

 

最初にお話しておくことは、
「生理再開は個人差があり、この期間までに再開するというものはない」
ということです。

 

あくまでも個人差があるというのは、頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

 

母乳育児中のママは約6〜10ヶ月程度で生理が再開すると言われていますが、
授乳間隔や夜間授乳、子宮の回復状況により6ヶ月より早く再開するママもいれば
1年経っても再開しないママがいたりと様々です。

 

授乳しているとプロラクチンというホルモンが分泌し、母乳の分泌を促す働きがあります。

 

このプロラクチンには排卵を抑制する働きもあるため、
授乳中のママの生理再開は遅くなる傾向にあります。

 

 

完ミ・混合のママは約2〜4ヶ月で再開することが多いようです。

 

 

 

産後の生理を遅らせる方法

 

 

授乳してる間は生理が来ないで欲しい…

 

生理痛がひどいから、生理中の赤ちゃんのお世話に悩む…

 

 

授乳中に生理が再開すると、母乳で鉄分が摂られ、
生理の出血で鉄分を失うので、貧血になる確率が高くなります。

 

 

授乳中で、まだ次の妊娠を考えていないのであれば
生理が再開しないほうが体の負担は減ります。

 

 

授乳することでプロラクチンというホルモンが出て、
排卵を抑えるというお話を先ほどしましたよね?

 

このホルモンが定期的に分泌することで、排卵を抑え、
整理の再開を遅らせることが出来ます。

 

 

一説によると、授乳間隔を3〜4時間以上空けずに授乳することで
生理の再開を遅らせることが可能のようです。

 

実際に私も、市の赤ちゃん訪問の際に
助産師さんから上記のようなアドバイスを受けました。

 

 

授乳間隔が3〜4時間というと、夜間授乳が2〜3回必要ということです。

 

夜間授乳がつらい場合には適していませんが、
生理を再開させたくないという場合には、
少なくても1〜2回夜間授乳する必要があるようですね。

 

 

 

生理が再開するということは、
子宮の状態が回復し、次の妊娠の準備が整った
ということです。

 

少し煩わしく感じるかもしれませんが、
出産後の子宮が、妊娠前の良い状態に戻ったということなので
体は順調に回復したという証になります。

 

 

授乳中の生理は生理不順になりやすい

 

 

産後に生理が再開しても、
授乳している場合は妊娠前のように、規則正しい周期で来ない場合が多く
生理不順になることが多いです。

 

実際に1度再開しても、
次に生理がきたのが3ヵ月後だったということがあります。

 

なぜなら、授乳すること自体が
生理の周期を遅らせる要因になるからです。

 

授乳することで、排卵を抑えるホルモンが分泌されるので
妊娠前のように周期的な排卵をすることが出来なくなります。

 

 

妊娠前は規則正しい周期で生理が来ていたのに、
不規則な周期になると少し心配になりますよね。

 

 

卒乳すれば、おのずと生理は再開されますので、
あまり心配しなくても良いでしょう。

 

もし気になれば、産婦人科で診てもらうと安心しますね。

 

 

授乳中の生理は体力的にも、精神的にも少しツライ場合があります。

 

生理痛などで体がツライ場合は、
無理せず体を休めるなどして、体を労わるようにしてくださいね。

 

 

 


私が産後の体力を3日で回復させた、とっておきの方法