母乳 体力

授乳は【スポーツ並み】?!

授乳中は体力を消耗しがちです。
夕方になれば疲労困憊というママも少なくないでしょう。

 

なぜ、授乳中のママは疲れやすいのでしょうか?

 

 

それは授乳による消費カロリーが多いことが原因なのです。

 

 

 

授乳による消費カロリーってどのくらい?

 

生後半年間は赤ちゃんに個人差があるものの、1日あたりおよそ800mlほど授乳しています。

 

授乳による母体の1日の消費カロリーはおよそ500kcalほどだと言われています。

 

 

500kcalを運動に置き換えると
1時間ジョギングをしたのと同じです。

 

身体を動かさなくても
赤ちゃんに授乳するだけで運動しているのと一緒。

 

授乳中のママはアスリートと同じ。
知らず知らずのうちに体力を消費しているため、授乳中は体力を奪われてしまうのです。

 

 

また、産後間もないころは母体の回復にもカロリーを消費されます。

 

授乳と体の回復。
このふたつが同時にひとつの体で起こるのですから
体がいかに疲れやすくなるのかお分かりいただけると思います。

 

 

ずっと家に居て、産後間もない頃は赤ちゃんのお世話だけしてて楽だよなぁ〜
なんて思っている男性諸君。

 

そんなこと思うなんてとんでもないですよ!!

 

ママの体の中では、知らない間に大きな変化が起きているのですからね。

 

 

 

消費カロリーを補うための食事量は?

 

授乳によるカロリーを補うためには、500hcal。
およそ1食分の食事を摂ることで補われます。

 

 

500kcalを食品やお菓子に例えると

 

・メロンパン1個分

 

・ポテトチップス 90g

 

・どら焼き2個分

 

などが挙げられます。

 

 

500kcalを補えばいいんでしょう!と、上記のようなものを摂り続けると
乳腺炎になったりとトラブルを起こす原因となってしまいます。

 

 

授乳中は育児に家事に忙しいので、
おにぎりを冷凍しておいたりして、小分けにして食事を摂るとうまく補うことが出来ますよ。

 

 

 

それでもなかなか体力が続かないというママは
こちらをチェックしてみてくださいね!

 


私が産後の体力を3日で回復させた、とっておきの方法