授乳中 口唇ヘルペス

授乳中にヘルペスが出来たらどうする?

 

口唇ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス」というウイルスが原因です。


 

このウイルスは【潜伏感染】で、一度感染すると

体内の神経細胞に住み着いてしまいます。


 

 

住み着くというと怖いと思ってしまいますよね。

 

でも、安心してください。


 

 

神経細胞に住み着くヘルペスウイルスですが、

普段は悪させずにおとなしく隠れています。


 

このウイルスが悪さをするときは、体調を崩したり

疲れが溜まったりしたときに暴れだすのです。


 

 

 

口唇ヘルペスの特徴は、水泡が現れる前に唇に

ピリピリ・むずむず・チクチクと違和感を感じます。


 

そのまま放置してしまうと、水疱が出来てしまい

見るに耐えない状態になってしまいます。



 

ヘルペスが出来たかも?!と

初期の違和感を感じた時点で、すぐに対処しましょう。


 

 

 

授乳中のヘルペスは薬で治療しましょう

 

母乳育児中でもヘルペスの治療に薬を用います。

 

 

塗り薬は授乳中の有無に関わらず使用できます。

 

 

幹部を清潔にした後、専用の塗り薬を塗りましょう。


 

 

また内服薬の場合は、赤ちゃんに問題のないお薬を出してもらえます。


 

いずれも産婦人科やかかりつけの病院で処方してもらいましょう。


 

授乳中であるということもしっかり伝えてくださいね。


 

 

初期の段階ですぐに対処すれば、治りも早いです。

 

水泡まで出来てしまうと個人差はありますが、

完治までに2週間かかることが多いです。



 

違和感を感じたらすぐさま対処しましょうね。

 

 

 

ママ!赤ちゃんにヘルペスを移さないで!!

 

初期の段階で対処すれば治りも早いヘルペス。


 

 

実は、赤ちゃんには危険なウイルスなんですよ。


 

 

ヘルペスウイルスはかなり感染力が高く、

他の人に感染しやすいウイルスです。


 

特に新生児の場合は免疫が未発達なので、

感染すると強い症状が出て重症化する場合があります。


 

 

母乳からの感染はほぼありません。


 

主な感染ルートは直接触れ合うなどの接触感染です。


 

 

ヘルペスが出来たママは、以下のことに気をつけましょう。


 

 

 

赤ちゃんにキスはしない
授乳の前には必ず手を洗う
薬を塗るなどで患部を触ったら手を洗う
コップの回しのみなどで感染しやすいため、食器類は必ず別にする

 

 

手を清潔に保つこと、患部との接触を避けることで

感染を防ぐことが出来ます。


 

赤ちゃんにヘルペスを移さないよう、十分に気をつけましょうね。


 

 

 

産後は特に口唇ヘルペスが出来やすい状態です。


 

ホルモンバランスの乱れ・夜間授乳による睡眠不足・

育児疲れが原因で症状が出やすいと言われています。


 

 

ヘルペスが出来るということは、

産後の体力低下・免疫力低下が起こっているということです。


 

睡眠を多く取ったり体を休めたりと、休息をしっかり取りましょう。


 

 

ヘルペスが出来ていないママも産後は症状が出やすいので、

体調管理には十分に気をつけましょうね。


 

 

 

 

私も授乳中のヘルペスにはかなり悩まされました…。


 

 

ヘルペスが出来ると、口元がずっと気になりませんか?

 

そわそわしちゃって、触ってしまいがちなんですよね…(^^;)


 

 

 

授乳中にヘルペスになると、

 

 

赤ちゃんに移らないかなぁ…

 

 

薬って使っていいのかなぁ…

 

 

なんて不安だらけでした。


 

 

 

妊娠出産前は3年に1度くらいの割合だったのが、

 

妊娠中は1回、授乳中はすでに2回もヘルペスになってしまいました…。


 

 

 

本当に妊娠出産って、体のエネルギーをたくさん使ってるんだなぁ〜

と改めて実感しました。


 

 

ヘルペスが出来るということは体が疲れているってことですよね。


 

 

このページに来てるあなた。

 

日々の疲労蓄積で体がお疲れでしょう…。


 

 

毎日育児に家事に大忙しのことでしょう。

 

お疲れ様です^^


 

 

 

育児も大事ですが、自分の体も大切です。


 

 

 

ヘルペスが出来やすいのなら、体力を回復させ免疫力をUPさせるほかありませんよね。


 

 

私はサプリの力を借りて、体力も免疫力も回復させることが出来ましたよ♪

 

詳細はこちらで詳しく書いてみてます^^

よかったらチェックしてみてくださいね。

 


ヘルペスに負けない体作りに最適な方法とは