産後 体重 激減

授乳中に体重が激減してしまう原因は?

子どもが産まれると頻繁に授乳を繰り返します。

 

授乳による母体の1日の消費カロリーはおよそ500kcal。
500kcalを運動に置き換えると1時間ジョギングをしたのと同じ消費量です。

 

身体を動かさなくても、赤ちゃんに授乳するだけで運動しているのと一緒。
知らず知らずのうちにカロリーを消費しているのです。

 

 

妊娠中に増えた体重が減ることは喜ばしいこと。
と考えるママも多い反面、妊娠前よりはるかに痩せてしまい戸惑うママも少なくありません。

 

 

体重激減をしやすいママの特徴は、【溜まり乳】タイプのママなのです。
溜まり乳とは授乳の時間近くになると胸がパンパンに張って、母乳がにじみ出てくるようなタイプのことを言います。

 

逆に普段は全く胸が張らないけれど、授乳し始めると母乳が胸の奥から湧いて出てくるような感覚があり、赤ちゃんが飲む分だけ母乳を作り出すタイプのことを【差し乳】と言います。

 

 

なぜ溜まり乳タイプは激痩せしやすいのでしょう?

 

それは母乳の分泌過多で赤ちゃんが飲む分以上の母乳が作られる傾向にあるため、
消費カロリーが差し乳より多くなるためです。

 

また、溜まり乳タイプはおっぱいトラブルを起こしやすいです。
いわゆる乳腺炎になりやすくなります。

 

おっぱいトラブルを防ぐために油物を控えたり、
和食中心の食事を取ったりと【母乳に良い食事】を心がけますよね。

 

自然と低カロリーの食事を摂るためダイエット効果が生まれ、体重が減りやすくなると考えられます。

 

 

産後に激痩せすると体力・免疫力が落ちてしまい、このような症状が出ることがあります。

 

・風邪を引きやすい、治りにくい

 

・体力がなくなり疲れやすい、体がだるい

 

・やつれる

 

・育児や家事をするのがしんどくなる

 

・熱が出やすい

 

・やる気がなくなる

 

などが挙げられます。

 

 

 

激減した体重を戻すためには?

授乳中の1日の摂取カロリーは妊娠前(1800Kcal程度)プラス350Kcalと言われています。
3食の食事プラスおやつ分と言ったところでしょうか。

 

赤ちゃんの哺乳量が増えれば、おのずと母乳を作る量も増え、消費カロリーも多くなります。
しっかり食べているのに体重が減るというママは、少し食事の量を増やしてみてはどうでしょうか?

 

 

増やすといってもお菓子ばかり食べては意味がありません。
エネルギーになる炭水化物やたんぱく質を摂り入れることで、母乳を作る力に代わります。

 

3食の量を増やすとお腹がいっぱいで食べられないというママもいることでしょう。
そんなときは合間に小さなおにぎりを小分けにして食べるなど、工夫をしてみましょう。

 

また体重が激減すると、体力が落ちるため消化機能も低下しがちです。
胃に負担をかけすぎないよう、胃に優しい食事をするように心がけてみてくださいね。

 

 

体重が激減することで育児を楽しめなくなる可能性もあります。

 

体調管理も育児のうち。
食事の内容に気をつけ、ママが元気で居られるよう体力をつけていきましょうね。

 

 

 


たった3日で産後の体力を回復させたとっておきの方法