産後 頭痛

産後、頭痛が止まらない…

 

産後の体調不良の中に【頭痛】を挙げる人も少なくないですよね。

 

出産前は頭痛知らずだったのに、出産後頭痛がひどい…
なんていう話を良く耳にします。

 

慣れない赤ちゃんのお世話に加えて頭痛がすると、精神的にもかなりストレスが溜まります。
それに授乳中は鎮痛剤も飲めないですから、頭痛が治まるのを待つしかない…
こんな辛いことはありません。

 

頭痛を予防する方法をいくつかご紹介しますね。

 

 

 

産後頭痛の原因は?

 

まず頭痛の原因はなんでしょうか。
いくつか挙げてみましょう。

 

水分不足

授乳中は1日2リットルの水分摂取が必要です。
それだけ母乳を作るのに水分が使われるということですよね。

 

赤ちゃんのお世話で、ママの水分補給を忘れていませんか?
ママが水分不足になると体の中の水分が減り、血液の流れが悪くなります。

 

よって代謝も悪くなるため頭痛が起こると言われています。

 

 

ストレス・疲労

初めての育児で
精神的にストレスが溜まり頭痛を引き起こす原因となります。

 

夜中の授乳などでまとまった睡眠が取れないため、疲労が溜まり睡眠不足から頭痛が起こりやすくなります。
抱っこや授乳も頻繁に行うため、肩こりがひどくなり、肩の血行が悪くなるため

 

 

骨盤のゆがみ

産後、骨盤が開いたまま・ゆがんだままにしていると頭痛の原因となります。
背骨は【頸〜背中〜腰〜骨盤】と一直線に繋がっています。

 

骨盤にゆがみが生じると、このゆがみをカバーしようと頸〜腰の骨にもゆがみを生じます。
ゆがみによって骨のすぐ横を通る神経や血管を圧迫し、血流が悪くなるため頭痛が起こりやすいのです。

 

 

頭痛の対処法は?

 

頭痛がひどいと頭痛薬を飲みたくなりますが、
授乳中だと薬に抵抗があったりするママも多いかと思います。

 

薬以外に出来る、産後の頭痛の対処法を5つご紹介します。
早速実践してみてください。

 

 

ストレスを解消する

育児は赤ちゃんのことばかりを考え、自分のことは後回しになりがちです。
たまには自分へご褒美をあげてくださいね。
赤ちゃんを預けて買い物に出かけたり、外でゆっくりとランチをしたり。
それだけでもストレス解消になりますよ。

 

ストレスは目に見えないので、自分ではなかなか気付きにくいものです。
定期的に自分の時間が作れるよう、家族と話し合うのも手ですね。

 

 

睡眠をしっかり取る

睡眠不足だなぁと感じたら、赤ちゃんをパパや実家に預けて
ゆっくり睡眠を取ってみてください。
睡眠を取っただけでも驚くほど改善されていることがあります。

 

 

肩周りのストレッチを行う

肩こりで筋肉が固まってしまっていると、血行が悪く頭痛の原因となります。
両手を挙げて、頭の上で手を組みます。
ゆっくりと左右に倒してみてください。
ストレッチを行うことで血流が良くなり、頭痛が和らぎますよ。

 

 

肩・目の周りを温める

水で濡れたタオルを絞り、電子レンジで1分チンしてホットタオルを作りましょう。
目の上に乗せたり、肩に乗せたりして温めましょう。

 

温めることで血の巡りが良くなり、結果頭痛が改善されることがあります。
お風呂に入ってゆっくり体を温めることも効果的です。

 

 

整骨院・整体・カイロプラティックで診てもらう

骨盤がゆがんで頭痛が出ている方は特におすすめです。
悩まずに早く行けばよかった…。という方が結構多く見受けられます。

 

赤ちゃんが居るから一緒に行くのは気がひける…。
というママも多いでしょうが、託児付きのところも多いです。
ホームページで調べてみたり、電話で確認してみたりしましょう。

 

 

ちなみに私も頭痛がひどかったのですが、整体に通うとみるみるうちに改善されました。
やはり骨盤のゆがみがひどかったようです…。

 

 

 

赤ちゃんのお世話が出来ないくらい痛みがある、吐き気を伴う場合は必ず医師の診察を受けましょう。
授乳中でも飲める薬を処方してくれる場合があります。

 

 

頭痛がすると何もしたくないですよね。
産後の体調が優れないと、この先どうしようと思うでしょう。

 

しかし、妊娠出産と体には劇的な変化が起こっています。
不調が続くのもこれらが要因です。

 

適切な対処をすれば改善されますので、ぜひ行ってみてくださいね。

 

頭痛に悩むママが頭痛から開放されて、赤ちゃんとニコニコ生活が出来ますように。

 

 

 


たった3日で産後の体力を回復させたとっておきの方法