産後 体力低下 漢方

産後の体力低下に効く漢方は?

授乳中のママは気軽に薬を飲むことが出来ないですよね。

 

赤ちゃんに何か影響が出るんじゃないのかな?
と心配されるママも多いことでしょう。

 

 

でも、体がつらいから薬で改善されたら…と思いませんか?

 

 

そんなときに【漢方】という選択肢があります。

 

漢方は、もともと中国(漢)で発達し、日本に渡って独自の発展をしてきた伝統医学です。
患者さまの自覚症状を重視し、病気を身体全体の不調和ととらえ、正しくととのえるのが目的。
人が本来持っている病気と闘い、治す力(自然治癒力)を高めることに重点をおいています。
出典:ツムラ

 

 

漢方のメリットは授乳中に服用しても問題ないこと。

 

なぜ服用しても問題ないのかというと
漢方の原料にポイントがあります。

 

 

漢方の原料は

 

・草根木皮を中心に動物由来のもの

 

・鉱物などの天然物(生薬)

 

これらを組み合わせて作られているからです。

 

 

体に優しい成分で作られているので
授乳中でも安心して飲めるということです。

 

ママには心強い味方ですね。

 

 

ここでは授乳中の体力低下におすすめな漢方を3つご紹介しますね。

 

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

 

産後の体力低下、疲れやすい(疲労倦怠)などを改善する漢方。

 

補中益気湯の「中」は腹部のことを指し
胃腸の働きを良くすることで、体力回復・疲れなどの症状を取り除くという漢方になります。
滋養強壮作用が強い高麗人参・黄耆(おうぎ)を含み、胃腸の働きを良くする陳皮や生姜を配合してあります。

 

体力低下や疲れが溜まると胃腸の働きが悪くなるようです。
漢方を飲みながら油物を避けるなど、胃腸に負担のかからない食事も一緒に心がけるといいですね。

 

 

 

 

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

 

こちらも体力低下・疲労倦怠を改善し、体のだるさを取り除く漢方。
上記の補中益気湯(ほちゅうえっきとう)より、さらに体力消耗が激しい方に対して使用されることが多いようです。

 

疲労回復のほかに、母乳の出を良くする効果も高いです。

 

産後は悪露もあり、血行不良であることが多いため母乳が出にくいことが多々あります。

 

原料である当帰(とうき)、川きゅう(せんきゅう)、芍薬(しゃくやく)には血行を改善させる作用があります。
また桂皮(けいひ)、いわゆるシナモンも含んでおり、疲労したエネルギーを補う働きもあります。

 

 

生まれてすぐ出る初乳は赤ちゃんの免疫力をつけるのにとても重要なものです。
疲労回復と母乳の出を良くする一石二鳥の漢方と言えますね。

 

 

 

 

?帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)

 

産後の聖薬とも呼ばれ、産後に最も用いられる漢方。

 

産後は出血が多く、体が貧血気味になりやすいですよね。

 

血を補うといわれる当帰(とうき)と芍薬(しゃくやく)を含み、
血の巡りを改善する桃仁(とうにん)、紅花(こうか)を配合してあります。

 

これにより産後の貧血を改善されやすくなり、
血のめぐりが良くなると言われています。。

 

血のめぐりが悪いと手足の冷えなども起こりやすく、疲れが取れにくくなります。
漢方を服用しながら体を温める飲み物を飲んだり、足首や手首を冷やさないようにするなど
体を温めるように気をつけてみるといいですね。

 

 

 

 

以上、産後の体力低下におすすめな漢方をご紹介しました。

 

漢方は授乳中でも飲めるというメリットがありますが、
漢方独特の匂いや味がありますので、感じ方は人それぞれですが、少々飲みにくいというデメリットもあります。
しかしながら、どんな症状にも対応できる漢方なので、体質改善にはもってこいですね。

 

 

漢方は症状、体質などで処方が異なります。
自己判断で服用せずに、医師・薬剤師などに相談の上服用してくださいね。

 

 


漢方より効いた!産後の体力を短期間で回復させたサプリとは?