産後 筋力ない

自宅で出来る簡単な筋トレで体力UP!

 

毎日育児で疲れきっているのに、トレーニングしなきゃいけないの??
とタイトルを見てうんざりしてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

安心してください(^^)

 

トレーニングと言っても
【簡単に・すき間時間出来る・きつくない】トレーニング方法をお教えいたしますね!

 

 

筋トレなんて大嫌い!!!
というあなたでも簡単に出来ちゃいますよ♪

 

 

 

なぜトレーニングが必要なのか?

 

妊娠前と産後の筋力を比べると
確かに産後筋力が落ちていると感じることが多いです。

 

しかし妊娠前と比べ、驚くほど激変しているかと言われるとそうでもないことが多いです。

 

 

産後〜床上げまでは比較的寝て過ごすことが多いため、一時的に筋力の低下は起こり得ます。

 

筋力低下が起こるものの、
床上げ後は家事や育児をしながら日常の生活を送ることで、ほとんどが元に戻ることが多いのです。

 

 

 

しかし、

 

「下半身に力が入らない」

 

「足の筋力が衰えた気がする」

 

と感じる方が多いのです。

 

 

でも、よく考えてみてくださいね。

 

私の場合、産後4ヶ月で7キロにもなるわが子を毎日抱っこしています。
毎回座って抱っこするわけではありません。

 

「立って抱っこしてくれないと嫌だよ!」
と泣く事だって少なくないです。
あなたのお子さんもそうじゃないですか?

 

立って抱っこをする場合、
腕の力だけでなく、足の力が必要ですよね?

 

 

足は自分の体重プラスわが子の体重を支えてくれています。

 

置き換えて考えるならば、7キロの重りを抱えて筋トレしているようなものです。
これを毎日繰り返しているのですから、足の筋力が衰えているわけがないのです。

 

むしろ鍛えられている!と思っていいでしょう。

 

 

では、なぜ【筋力が衰えている】と感じるのか。

 

 

それは、
【筋力を最大限発揮できる状態ではないから】
言い換えると筋力はあるのに、環境が整っていないということ。

 

 

厳密に言えば【骨盤が開いたまま】だからなんです。

 

 

足の筋肉は骨盤に付着している筋肉が多く、足と骨盤は密接した関係にあります。
骨盤が元に戻りきれていないと、足の筋肉もうまく働くことが出来なくなります。

 

筋力の60パーセントほどの力しか使えず、結果足の筋肉が衰えていると感じてしまうのです。

 

 

この場合、骨盤の状態を戻すだけで、下半身の筋力を復活させることが出来るのです。

 

 

下半身の筋力アップをする必要はありません!

 

キーワードは【骨盤】です。

 

 

 

骨盤はベルトで締めれば元に戻る?

 

 

出産の際、赤ちゃんの体が通れるように、骨盤は最大限開きます。

 

開いた骨盤を戻すため、産後すぐにベルトや紐で骨盤を締めた方が多いのではないでしょうか?
出産後に歩きづらいというのも、骨盤の開きにより生じる現象です。

 

 

産後数ヶ月経ってくると、産後直後の歩きづらさもなくなり、恥骨の痛みや骨盤の痛みも減ってきますので
【骨盤が元に戻った!】と感じる方も多いのですが…

 

それは間違いです!!!!!

 

 

ベルトで締めたからといって
骨盤が完全に元の状態に戻るとは限らないんです。

 

 

 

 

どういうことなのか。

 

確かにベルトで骨盤を締めることは大切です。
私も産後すぐにベルトを使用しました。

 

 

ベルトって便利なんですが、

 

ベルトをしてると腰が痛くないけど、外すと腰が痛いなぁ〜という経験がありませんか?

 

 

それはベルトをすることで、骨盤が正しい位置にあるため、筋肉がしっかり働ける環境になっているからです。

 

 

外すと骨盤が緩み、筋肉が本来の筋力を発揮できずに痛みが出てきてしまいます。

 

 

痛みがある

下半身に力が入らない

筋力不足と感じる

 

こういう症状を感じる方は
まだ骨盤が元に戻っていないということ!

 

 

 

骨盤を元に戻しつつ、
正しい状態を維持出来るようになるには
今からご紹介するトレーニングを行ってみてくださいね。

 

 

 


骨盤底筋を鍛えよう!

骨盤底筋って聞いたことありますか?

 

 

これは骨盤の中にある筋肉で、女性にはとても重要な筋肉です。
どのような働きをしているのでしょうか?

 

 

働きは以下のとおりです。

 

 

@骨盤の中にある子宮、膀胱、直腸などの内臓を、ハンモックのように下から支える働き

 

A尿道や膣、肛門を引き締める働き

 

 

妊娠中に尿漏れなどが多いのは赤ちゃんの重みも骨盤底筋にかかるようになり、
この筋肉の負荷が大きくなるためと言われています。

 

 

では、なぜ産後に骨盤底筋を鍛える必要があるのでしょうか。

 

 

この筋肉は骨盤の中にあります。

 

骨盤が開くとこの筋肉が必要以上に伸ばされ、本来の力が発揮できません。
この筋肉を鍛えることで、内臓の位置を元に戻し、骨盤を元の状態に戻しやすくします。

 

 

内臓が下に下がってくると
便秘、肌荒れ、冷えなどが起こりやすくなります。

 

産後の不調を防ぐためにも、骨盤底筋を鍛えましょうね。

 

 

たった30秒!簡単トレーニング法☆

 

@まず、仰向けに寝る

 

A膝を曲げ、足の裏を床につける
 (膝は軽くこぶしひとつ分が入るくらい開ける)

 

B息を吐きながら、お尻を高く持ち上げる

 

C一度息を吸い、体の中の空気を全部吐くように
 息を吐き出す

 

D吐き出したら片手で鼻をつまむ
 このとき口も閉じる

 

E鼻をつまんだまま、鼻から強く息を吸う真似をする
 (鼻をすするようなイメージで)
 下腹部がぎゅーっと凹んだらOK!

 

Fゆっくりお尻を下ろし、元の状態へ戻る

 

 

これは30秒もあれば出来ます。
私は朝と晩に2回おこなっていますよ。

 

この筋肉を鍛えるだけで天然の骨盤ベルトを手に入れたようなものです。
骨盤ベルトに頼る必要がなくなってきます。

 

これは骨盤底筋が鍛えられるだけでなく、
産後のお腹ぽっこりも改善することが出来ます。

 

筋力の回復もしながら、ぺったんこお腹も手に入れちゃいましょう♪

 

 


たった3日で産後の体力を回復させたとっておきの方法