産後 体力回復 コラーゲン

コラーゲンの働き

 

人の体の約15パーセントはたんぱく質で出来ています。
このたんぱく質の1/3がコラーゲンを占めています。

 

 

お肌も髪の毛も、さらには内臓も!
体のほとんどにはコラーゲンが含まれているんですよ。

 

 

皮膚や髪などは日々生まれ変わっていきますので、
一定量のコラーゲンの生産を体の中で行なっています。

 

 

それに加え、出産後は

 

・出産で傷ついた産道

 

・元の大きさに戻ろうとする子宮

 

・産後の抜け毛

 

これらを元の状態に戻そうと体が頑張っています。

 

 

出産は交通事故と同じくらいのダメージがあると言われていますから
ダメージを負った体を修復するには、体にもすごく負担がかかるというわけです。

 

 

さらに母乳育児中のママは、赤ちゃんに栄養を送りつつ
自分の体の修復もしなければならないため、
いつも以上にコラーゲンを含むたんぱく質を摂取しなければなりません。

 

 

 

産後ケアに力を入れた産後ケアセンターが多い韓国では
産後30日間は、鶏がらで取ったスープにわかめを入れた
「わかめスープ」を毎食口にする習慣があります。

 

わかめにはミネラルを多く含むため、スープにわかめを入れることが多いようです。

 

動物の骨や皮に含まれるコラーゲンをスープにすることで
産後の回復を早めようという考えがあるからです。

 

 

それだけ産後の回復にはコラーゲンが必要だということですよね!

 

また母乳にもコラーゲンを含みますので
授乳期にはより多くのコラーゲンが必要となってきます。

 

 

赤ちゃんのためにも、自分のためにも、食事には気をつけていきたいですね。

 

 

 

 

コラーゲンを含む食品

豚足 手羽先 牛すじ すっぽん 魚のアラ うなぎなど

 

 

 


たった3日で産後の体力を回復させたとっておきの方法

 

 

 


コラーゲンって口から摂取しても意味無いんじゃないの?

コラーゲンを食べたり飲んだりしても意味が無い!
なんて聞いたことありませんか?

 

 

果たして本当に効果は無いのでしょうか?

 

 

確かにコラーゲンは口から摂取し、体内に入るとアミノ酸に分解されてしまいます。

 

このアミノ酸が再びたんぱく質となり、コラーゲンとなることはほぼないという説があります。

 

 

簡単に表すとこのような感じ。

 

コラーゲン→アミノ酸→たんぱく質(235種のいずれか)

 

 

 

一方、この説とは反対に

 

コラーゲンが体内に入りほとんどはアミノ酸に分解されます。

 

しかし一部のみアミノ酸に分解されず、「コラーゲンペプチド」という物質に変化して
体に吸収されることを京都府立大学大学院が発表しました。

 

このコラーゲンペプチドが体内でコラーゲンの生産を促進させるというわけです。

 

これが本当であればコラーゲンを口から摂取すれば
かなりの効果が期待できますよね!

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

鉄分の働き
産後に不足しがちな鉄分。どのくらい摂取すべき?なぜ授乳中に必要なの? 子育てママ必見!母乳育児でも安心。産後の体力低下を回復させる方法をまとめたサイトです。
たんぱく質の働き
産後に傷ついた体を修復するのに必要なたんぱく質。たんぱく質にも種類があるってご存知ですか? 子育てママ必見!母乳育児でも安心。産後の体力低下を回復させる方法をまとめたサイトです。
産後に摂ると効果的!生姜とゴマの効果とは?
産後の体力を回復するには【食事】が不可欠。 バランスの良い食事が大事になります。 子育てママ必見!母乳育児でも安心。産後の体力低下を回復させる方法をまとめたサイトです。
忙しくても簡単!産後ママへのお手軽おすすめレシピ
産後は赤ちゃんのお世話などで忙しく、なかなか入院中のような栄養が摂れた食事を準備することができません。 そんなときは、簡単に作れて体力が作れるレシピで栄養補給をしてみてはどうですか?